« ごくせん 赤西仁・亀梨和也 | Main | L-カルニチン »

細木数子 花粉症

花粉症も、心の在り方から来るものです。「病は気から」と言います。「気」の悪い人は病気をするんです。
人間のカラダを三つに分けてとらえます。これは、導教学の教えからくるものです。首から上を「目上」といいます。胴の部分が「自分」、下半身が「目下」をあらわします。
目上を尊ばずに馬鹿にすると、首から上の病になります。鼻で毒を吸って、懲らしめられるんです。
また、目下を馬鹿にすると、脚・腰、腰から下の病気になります。
そして自分を剋し、不健康な生活を送ると内臓の病気になります。

心をゆったりとして、いつもいつも感謝の心をもつこと。感謝の心を身につける学びをすることが、花粉症を抑える形につながります。必ず治ります。自信過剰であったり、自惚れが強い人は、目上の言うことをきかないものです。天に唾を吐くようなもの・・・ そこから呼吸困難になるんです。
いま花粉症で苦しんでいる人を揶揄しているわけではありません。心をやわらかくしてください。素直になること。思い上がらないこと。思い上がると、鼻づまりになって呼吸が苦しくなります。呼吸が苦しくなると、一生懸命吸おうとするものだから、余計なものまで吸ってしまうことになり、花粉症で苦しむようになるのです。これらは、当たり前の「宇宙のしくみ」なのです。心をやわらかくしましょう。心をやわらかくするには、人との会話を楽しむことが一番です。

 応援クリックお願いします★彡
 人気blogランキング 参加中


|

« ごくせん 赤西仁・亀梨和也 | Main | L-カルニチン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ごくせん 赤西仁・亀梨和也 | Main | L-カルニチン »