« 吉田拓郎 「ももひき」 | Main | 吉田拓郎 「心臓の歌」 »

吉田拓郎 「どんなに悲しいことがあったって」

よしだたくろうには、短編モノの唄がけっこうある☆ 先に紹介した「らくだのももひきの構造に関するお話」もそのひとつ。一時は「短編集のアルバムを出す」などと、自ら発言してたくらいだから、ライブなんかで気に入って演ってたんだネ。
ここで紹介する「どんなに悲しいことがあったって」っていう曲は、短編集の中でもかなりおなじみチャンかな。 詞の大要は、「どんなに悲しいことがあっても自分のうすっぺらな心は、泣けないだろうと思ってたけど、何故か涙が出てくるから、おかしくなっちゃったよ」。 
ギターの伴奏が「ズンタカタッタ・スットントンって、なぁんともダサ気味で笑えるフレーズなんだけど、詞が詞なので、妙な味わいを感じさせるのでありました。 Bub☆

 元気です

★応援クリックお願いしまちゅ → 人気blogランキング参加中


|

« 吉田拓郎 「ももひき」 | Main | 吉田拓郎 「心臓の歌」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 吉田拓郎 「どんなに悲しいことがあったって」:

« 吉田拓郎 「ももひき」 | Main | 吉田拓郎 「心臓の歌」 »