« 垂水兄弟 | Main | 吉田拓郎 「どんなに悲しいことがあったって」 »

吉田拓郎 「ももひき」

よしだたくろうの70年代の作品の中には、ライブでしか演らなかった曲がいくつかあるよネ。たとえば、「らくだのももひきの構造に関するお話」という唄。歌詞をそのままズバリ載せたいところだけど、著作権的なところがよくわからないからヤメておきます。詞の大要は「真っ直ぐ入っていくと道が二つに分かれ、途中に小さな穴。そこから覗くと、広い世界が君の前にある」といった内容で、若干コミック調。そういえば、この「若干」という言葉、当時たくろうが良く使っていたお気に入りフレーズだったネ。 「君の前」の「君」って・・・。 Bub☆

 伽草子

★応援クリックお願いしまちゅ → 人気blogランキング参加中


|

« 垂水兄弟 | Main | 吉田拓郎 「どんなに悲しいことがあったって」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 吉田拓郎 「ももひき」:

« 垂水兄弟 | Main | 吉田拓郎 「どんなに悲しいことがあったって」 »